勉強が続かない!どうすればいい?【現役医学生が提案】

勉強が続けられなくて進まない!どうすればいいの?

こんな悩みを抱えていませんか?

この記事では勉強が続かない原因や対策まで解説しているのでぜひ最後まで読んでいってください!

目次

1. 勉強が毎日続かない人の原因

1-1. 習慣になっていない

勉強の継続に苦しんでいる多くの高校生や高卒生は、勉強が習慣になっていないことが一因です。習慣は徐々に構築され、最初は克服が難しいかもしれません。

1-2. 目標がない

勉強においては、具体的で明確な目標がないとモチベーションが続かないことがあります。目標を設定することで、やる気が高まり、続けやすくなります。

1-3. 勉強をがんばりすぎている

適度な努力が重要です。過度ながんばりは疲れやストレスを生み、逆に勉強への抵抗感を増加させます。

1-4. 誘惑が多い

スマートフォンやSNS、ゲームなどの誘惑が多い現代社会では、気を散らされやすくなります。これらの誘惑を管理することが必要です。

1-5. 成長が実感できない

努力に対する成果を感じられないと、やる気が低下します。成果を可視化し、小さな成功を積み重ねることが鍵です。

1-6. 学習環境が悪い

静かで快適な学習環境が整っていないと、効率的な学習が難しくなります。適切な場所で学習することが大切です。

1-7. 勉強に飽きている

同じやり方での勉強が続くと飽きてしまいます。新しい方法や視点で学習することで、興味を保ちやすくなります。

2. 勉強が続かない人への対策

2-1. 勉強が続かない人向けの勉強法

2-1-1. 好きな科目や分野から始める

興味を持てる科目から始めることで、モチベーションが上がります。

2-1-2. 小さな目標からスタート

大きな目標ではなく、小さな目標を立てることで達成感を味わえます。

2-1-3. 15分周期の勉強時間を意識

長時間の勉強ではなく、15分単位での集中力を高める勉強法が効果的です。

2-1-4. 継続可能な勉強環境の構築

環境整備は習慣化の一環です。自分に合った勉強スペースを作りましょう。

2-2. 勉強が続かないときにできること

2-2-1. まずは始めてみる

最初の一歩が肝心です。「今から15分だけ」と決めて始めると、意外と続きます。

2-2-2. 気を散らす要因を排除

スマートフォンや他の娯楽は勉強の妨げになります。集中するときはこれらを遠ざけましょう。

2-2-3. 場所や科目の変更

新しい場所や科目で勉強することで、新鮮な気持ちで取り組めます。

2-2-4. 軽い運動で気分転換

運動は脳の活性化につながります。疲れたときは軽いストレッチや散歩を取り入れましょう。

2-2-5. 睡眠や栄養の確保

十分な睡眠と栄養は集中力とモチベーションに直結します。健康的な生活習慣を心がけましょう。

3. 勉強を習慣化するためのアプローチ

3-1. 勉強の習慣化のための方法

3-1-1. 勉強仲間の作成

仲間と協力して進捗を共有することで、モチベーションがアップします。

3-1-2. 他の行動との結びつけ

他の日常の行動と勉強を結びつけることで、自然に習慣になりやすくなります。

3-1-3. 記録の重要性

毎日進捗や学習した内容を記録することで、自身の成長を可視化できます。これは継続の励みになります。

3-2.勉強を習慣化するための具体的な手段

3-2-1. 勉強仲間としての「みんチャレ」活用

「みんチャレ」などの学習コミュニティを利用して仲間を見つけ、共に学び合うことでモチベーションが維持しやすくなります。

3-2-2. 学習教材よりも大切な学習習慣の構築

学習教材の選定も重要ですが、それ以上に日常的な学習習慣の構築が成功への鍵となります。定期的で継続的な学習が大切です。

4. 集中力向上のためのトレーニング方法

4-1. 瞑想の実践

瞑想は精神を落ち着かせ、集中力を高める効果があります。毎日少しずつ瞑想を取り入れてみましょう。

4-2. フォーカスの練習

意識的に対象に集中する練習を行います。例えば、本を読むときに文字に完全に集中することで、集中力が向上します。

4-3. 運動やエクササイズ

適度な運動は脳の活性化に繋がり、新しいアイディアが生まれやすくなります。運動を日常に取り入れましょう。

4-4. タスクの分割と集中時間の管理

大きな課題を小さなタスクに分割し、一度に集中する時間を決めることで、集中力を保ちやすくなります。

4-5. スマートフォン等の制御

勉強中はスマートフォンや通知音をオフにするなど、外部からの刺激を最小限にしましょう。

5. 集中力と習慣のメンテナンス

5-1. 集中力の向上と維持

5-1-1. 遊ぶ時間と勉強時間の調整

遊ぶ時間も大切です。ストレスがたまったときにはリラックスする時間を設けましょう。

5-1-2. 睡眠と運動の充実

十分な睡眠と運動は、身体と脳の健康を保ち、良い集中力の維持につながります。

5-1-3. タイマーの有効利用

集中時間を設定し、その時間だけ集中して作業する「ポモドーロテクニック」など、タイマーを使った方法が有効です。

5-1-4. 糖分補給

糖分はエネルギーの源です。必要な時に適度に摂取することで、集中力向上に寄与します。

5-1-5. 集中力向上のトレーニング

集中力向上のための様々なトレーニングを積極的に取り入れましょう。

5-2. 習慣のメンテナンス

5-2-1. 目標の明確な設定

習慣の定着を促すためには、目標を具体的に設定し、達成度を確認することが大切です。

5-2-2. スケジュールの確立

ルーティンを作ることで、勉強の時間を予測しやすくなります。予定を立て、守ることで習慣が身につきます。

5-2-3. モチベーションを高める要素の見つける

興味を持てる要素を見つけ、学習を楽しむことが続ける秘訣です。好奇心を大切にしましょう。

5-2-4. ルーティンの確立

毎日同じ時間に勉強を始めるなど、ルーティンを作ることで脳が自動的に勉強モードに切り替わりやすくなります。

5-2-5. ご褒美と休憩の設定

達成したら自分へのご褒美や休憩を設定することで、モチベーションを維持しやすくなります。

6. まとめ

勉強を続けるためには、習慣の構築と集中力向上が不可欠です。毎日少しずつ進め、小さな成功を積み重ねながら、興味を持ちながら効果的な学習環境を整えましょう。継続は難しいかもしれませんが、焦らず着実に取り組むことが重要です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

現役時最後の模試の偏差値は40。一浪して国立医学部に合格しました。現在は医学科3年生。
詳しいプロフィールはリンク先

コメント

コメントする

目次