勉強中にお腹が空く!どうすればいい?おすすめのお菓子は?

勉強中にお腹が空くこと、よくありますよね。

とは言っても

たくさん食べると眠くなるし、どうすればいいのかわからない…

こんな悩み、ありませんか?

この記事ではお腹が空く理由、空腹のメリット、おすすめのおやつまで解説しているのでぜひ最後まで読んでいってください!

目次

1. なぜ勉強中におなかがすくの?

1-1. 身体のエネルギー需要と脳の関係

1-1-1. 食べ物が脳の力を支えるしくみ

当たり前のことかもしれませんが、食べ物が私たちの脳のエネルギー源です。特に、脳が頑張って働くと、それに比例してエネルギーも必要になります。

1-1-2. 勉強が増えるとエネルギーも必要になる

勉強量が増えれば、それだけ脳が頻繁に活動することになります。そのため、より多くのエネルギーが必要となり、おなかがすきやすくなります。

1-2. 身体活動とお腹の空き

1-2-1. 集中力を使う勉強でエネルギーが必要

例えば、数学の問題に頭を悩ませると、脳が相当なエネルギーを使います。これが続くと、おなかがすくことも理解できますね。

1-2-2. 動かない時間が続くと、おなかがすくよね

一方で、勉強中は体をあまり動かさないことが多いですよね。これが続くと、代謝が鈍り、おなかがすきやすくなります。

1-3. ストレスとおなかの関係

1-3-1. ストレスがおなかをグルグルさせる

ストレスは体にさまざまな影響を与えます。その一環として、ストレスがおなかの中で何かしらの変化を引き起こすことがあります。

1-3-2. 勉強の緊張がおなかに影響することも

勉強に集中すると、緊張が高まります。この緊張がおなかに影響を与え、おなかがすきやすくなることも考えられます。

2. おなかが空くと勉強の効果がアップ?

2-1. おなかがすいて脳が活性化

2-1-1. おなかがすくと脳が「グレリン」を出す

おなかがすくと、脳は「グレリン」と呼ばれるホルモンを分泌します。このホルモンが脳を活性化させ、学習効果を高めることが知られています。

2-1-2. グレリンのおかげで脳がパワーアップ

つまり、おなかがすくことで分泌されるグレリンが、脳をよりパワフルにしてくれるのです。

2-2. おなかが空いても集中できる理由

2-2-1. おなかがすいていると集中力が上がる

不思議なことに、おなかがすいている状態でも集中力が高まることがあります。これは、脳がエネルギーを求め、より効率的に働くからかもしれません。

2-2-2. おなかがすいていると記憶も強くなる

また、おなかがすくことで記憶力が向上するとされています。つまり、おなかがすくことが、勉強の効果をアップさせる一因と言えるでしょう。

2-3. 食べ物のタイミングで勉強の成果が変わる

2-3-1. 朝ごはん前は「ゴールデンタイム」

朝食前は脳が空腹状態なので、これを「ゴールデンタイム」と考え、この時間帯に勉強することで学習効果を最大化できるかもしれません。

2-3-2. 勉強後に食べることでやる気もアップ

また、勉強後にしっかりと食事を摂ることで、次の作業に向けたエネルギーを補充し、やる気をアップさせることができます。

3. おなかが空いたときの対策

3-1. 賢い食事のチョイス

3-1-1. 三食バランスよく食べる

バランスの良い食事は、持続的なエネルギー供給につながります。三大栄養素を含む食事を心がけましょう。

3-1-2. 間食も適度に

間食は適度に取り入れることで、空腹感を防ぎつつ、勉強の効率を保つことができます。

3-2. おなかがすきにくくするコツ

3-2-1. ガムやキャンディでごまかす

おなかがすくときに、低カロリーのガムやキャンディを噛むことで、一時的に満足感を得られます。ただし、過度な摂取には注意が必要です。

3-2-2. 水分補給も大事

水分補給はおなかをいっぱいにするだけでなく、脱水を防ぎ、集中力を維持する助けにもなります。こまめに水分を摂るように心掛けましょう。

3-3. 勉強中に気をつけたい食べもの

3-3-1. 糖分は程々に

糖分の摂りすぎは血糖値の急激な上昇と下降を招き、集中力の低下を引き起こす可能性があります。バランスの取れた食事を心がけましょう。

3-3-2. タンパク質を上手に摂る

タンパク質は持続的なエネルギー供給に寄与します。肉や魚、豆腐などを適切な量摂取し、勉強中のパフォーマンス向上に繋げましょう。

4. 勉強中におすすめのおやつ

4-1. おやつの選び方のコツ

4-1-1. ラムネで気分転換

ラムネなどの炭酸飲料は、気分転換に役立ちます。ただし、過度な摂取は避け、糖分に気をつけましょう。

4-1-2. チョコレートで気力アップ

チョコレートに含まれるカカオには、集中力を高める効果があります。ビタミンやミネラルも摂取でき、緊張をほぐす手助けにもなります。

4-2. 栄養価の高いおやつ

4-2-1. ガムで口腔運動促進

ガムは低カロリーでありながら、噛むことで口腔運動が促進され、気分がリフレッシュします。

4-2-2. ミントタブレットでスッキリ感

ミントタブレットは口臭対策だけでなく、スッキリとした気分を味わえるため、勉強中におすすめです。

5. まとめ

5-1. バランスのとれた食事と勉強の相性

5-1-1. おなかがすいたり、食べすぎるとダメな理由

適度なおなかすきを保つことが、勉強効果に直結します。過剰な空腹や過食は逆効果となりますので注意が必要です。

5-1-2. 適度なおなかすきをキープする方法

三食しっかり摂り、適度な間食を取り入れ、おなかすきを適切にコントロールしましょう。

5-2. スマートな勉強習慣のヒント

5-2-1. 食事と睡眠の両立

十分な睡眠と良質な食事は、勉強の成果を左右する要因です。両方を大切にし、バランスを保ちましょう。

5-2-2. おなかすきを味方にする心がけ

おなかがすくことは悪いことばかりではありません。効果的に利用し、勉強のパフォーマンスを引き出す工夫が大切です。

5-3. おやつの選び方のポイント

5-3-1. エネルギーバーと勉強の相性

エネルギーバーは手軽で、栄養バランスも考慮されているため、勉強の合間に摂るのに適しています。

5-3-2. ドライフルーツでヘルシーに

ドライフルーツは自然な甘みと栄養を含んでおり、ヘルシーなおやつとして選ぶことができます。

おなかがすいた時こそ、正しい食事とおやつの選択が勉強効果を高めます。これらのポイントを実践して、健康的で効率的な勉強習慣を身につけましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

現役時最後の模試の偏差値は40。一浪して国立医学部に合格しました。現在は医学科3年生。
詳しいプロフィールはリンク先

コメント

コメントする

目次